福祉未来改革

〜3つのチェンジ〜

  • 事実
  • 認識
  • 制度

知的障がい者の明日を考える議員連盟・知的障がい者の抱える諸問題と明日へ繋がる政策を考える会
「第6回 合同会議」を本年2月19日(水)に開催することが決定いたしました。
詳細につきましては、下部の議員連盟ページ中の「第6回 議員連盟・勉強会開催のお知らせ」の記事をご覧下さい。

現行の障がい者福祉政策により救済されている知的障がい者と、政策対象から零れ落ちて放置されている数多くの知的障がい者。そして、親亡き後の将来の不安におびえる大多数の障がい者の家族たち・・・

多くの闇を抱える現行福祉政策の問題を明らかにし、未来に向けた合理的・継続性のある福祉政策のため、私たちは「福祉未来改革」を立ち上げました。

1

「事実」のチェンジ

障がい者福祉の闇
現実的な問題

「事実」の解決。

2

「認識」のチェンジ

自立を大前提とした既存の

障害者福祉政策の固定観念

綺麗ごとだらけの報道からの

「認識」の転換。

3

「制度」のチェンジ

既存の「事実」と「認識」を

打ち破る、未来に向けた

合理的・経済的な知的障がい者福祉

「制度」への改革。




議員連盟・勉強会

 

知的障がい者の明日を
考える議員連盟・勉強会

子どもより先に死んでも死にきれない親の現実。親亡き後の知的障がい者の所得保障と安心した生活場所の確保に向けて。

「知的障がい者の明日を考える議員連盟」「知的障がい者の抱える諸問題と明日へ繋がる政策を考える会」のレポート・配布資料・議事録等を掲載しています。

運営主体:障がい者福祉研究所
(代表:足高慶宣)

住所:千葉県袖ケ浦市林437番1

TEL:0438-38-6110 / FAX:0438-38-5610

Mail:social-welfare-lab@e-mail.jp