施設名:社会福祉法人 白石陽光園

部署名:なし

都道府県:なし

内容:

1.マスク・消毒液等、予防用品が手に入りにくい。価格も今だ高騰状態でストックにも限界がある。

2.県での流行が今のところおさまっている状況であるが、利用者の外出等、どこまで制限をするものか判断が難しいため、日中活動にも影響がある。

3.様々な通知が重複して出されていることと、文書内容や表現がわかりにくい。

入所施設として、通所施設として何を準備して、どう対応するものか具体的に出してほしい。

4.感染者・感染疑い者が出た場合の初動や必要物資、ゾーニングの考え方、フロー等 図にしてわかりやすく例を示してほしい。(実際に感染者を出した施設の対応、具体例など)

5.「3密を作らない」ための広い活動場がない。

6.面会・帰省の制限などしているが、家族とのつながりなど入所の場合はうすくなる。

7.マスク使用については障害特性上難しい利用者が多い。

8.耳の不自由な方については、マスクをしていると伝わらない。筆記にも障害特性上限界がある。

9.BCP作成にあたっての具体例や様式を提示してほしい。

MAIL