施設名:社会福祉法人 高津学園

部署名:障害者支援施設 知恩寮

都道府県:大阪府

内容:

●コロナにおける現状の課題点や不安点

・マスク、ゴム手袋など支援に必要な備品が必要数確保できない時があったことや、現状もギリギリでありゆとりを持てない現状では安心して職員に現場で働いてもらえない不安がとても大きいです。

・体温計やサチュレーションなども必要数がなく発注をかけるも納品にまだまだ時間を要するようで不安しかないです。

・密をさけるために外には出ることが出来ず定期的な外泊も中止させざるをえなかったことで利用者からの不満がかなり高まりました。コロナの現状を説明するが障害特性もありなかなか理解してもらえず対応に苦慮しました。

・外出支援も同様で外に出れない利用者のストレスはかなり大きいです。

・食事は通常食堂で利用者も顔を合わせて食事をとってもらい飛沫を防ぐ必要性も出てきたことから時差で食事をとってもらい飛沫を防いでいるためかなり大変。現状も人員不足であり今後もさらに人員が必要な状況だが、職員の数は増えないため他の日常支援に支障がでています。

・体調不良者が出てPCR検査を受けることになったがなかなか関係機関と連携がとれずにかなり焦った。(結果は陰性でした)検査を受けたらすぐに保健所に連絡をいれて支持を仰ぐよう指導をうけていたが連絡が繋がらずであった。今回色々と別機関とのやりとりを得て学習できたことはあるが、実際に動かないといけない時に連絡が取れない事態も予測はできるため、PCR検査を受けることになればその後の動きはある程度シミュレーションを各施設に各自治体からレクチャーしておいてはどうかと感じました。そうすれば検査をうけたあとも自分たちがどこに気を付けてどのように動き結果を待てばよいのかがわかり、少しでも不安を取り除きながら施設で経過を見守れるのではと思います。

郵送