施設名:社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会

部署名:職員アンケート

都道府県:なし

内容:

・ショートステイの利用を控えていただいていることで、ショートステイの利用を希望している利用者、その家族がショートを利用できなくなってしまっている。必要な方に支援が届かない。

・消毒が第一になってしまい、利用者対応がおろそかになってしまう。

・宿泊型自立訓練という2年間の有期での支援の中で、地域への移行(GHや一人暮らし)への自途が立たない。時間が限られているからこそ、利用者も(その家族も)事業者も焦りを感じてしまう。コロナ拡大で動きがとれないことがはがゆい。

・宿泊型自立訓練で外出を自粛していることで利用者のフラストレーションがたまっている。外出を控えてほしい人とのキョリをとってほしいと利用者につたえるか、なかなかその重要性を理解することができず、「なぜ外出できないのか?」ということにしか意識がいかない。

・その人がもっている障害ごとにリスクが違ってくるため、個別の対応が難しい。「なぜ自分だけそのような対応になるのか」と理解がむずかしい。

MAIL